二・二六事件 (ににろくじけん、にてんにろくじけん、にーにーろくじけん) は、1936年(昭和11年)2月26日-29日に、日本において、陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵を率い、「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こした未曾有のクーデター未遂事件であり、事件後しばらくは「不祥事件」「帝都不祥事件」とも呼ばれていました。


画像引用;フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

さて、その後満州国ですが、 日本軍は、満州国を建国後、1年ほどをかけて20万を超える兵匪を掃討しましたが、満州を追われた張学良が熱河省に4万の義勇軍を編成して侵入し 反満抗日の策源地にしていたので満州国騒乱の元凶である 張学良の勢力を一掃するため、熱河作戦(熱河進撃)という戦闘をはじめました。

ちなみに、二・二六事件 下士官兵は、一部を除き、その大半が反乱計画を知らないで、上官の命に従って適法な出動と誤認して襲撃に加わっていましたから、その際に処刑されず、二・二六事件 後、満州、中国などの戦場の最前線に駆り出され戦死することとなった者も多かったのです。特に安藤中隊にいた者たちは歩兵による突撃戦法を強要されて殆どが戦死しました。

 

記事引用;

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の記事に加筆修正しました。

画像引用; フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

おすすめの記事